ホーム > スタッフブログ > 塗装・屋根塗装
塗装・屋根塗装2020.03.17

みなさんこんにちは!リフォームのタマオ時津店の川添です。
今回は、屋根の塗装の工程についてお話します。


屋根塗装は基本的に3回塗っていきます
高圧洗浄しコケや藻を落としたあと、まず1回目の下塗り行います。
下塗りは屋根と塗料の接着剤の役割となっています。


下塗り後は、2回目の塗装の中塗りを行います。
瓦と瓦が重なっているところなど細かい部分は、ハケを使ってローラーの前に塗ります。


中塗り後は3回目の塗装、上塗です。
中塗りと上塗りは基本的に同じ塗料を使用するので、しっかり2回塗りしているのか確認が大切になります。


屋根塗装は、見た目の美しさを維持する役割のほか屋根の劣化を防ぎ、雨漏りの防止にもつながります。
屋根塗装をせずにそのまま放置しておくと屋根が劣化し、そこから雨が侵入し、建物内部の腐食発生の原因となります。
また、塗料には遮熱や断熱効果が期待できるものもあります。
暑さや寒さから建物を守り、冷暖房費の削減も期待できます。

塗装を検討される場合は外壁だけでなく屋根にも注目してみて下さい!
屋根塗装のメリットがたくさんあります。
少しでも気になることがあればお気軽にお尋ね下さい(^O^)